カードローンの申込

スポンサードリンク

カードローンとは?

巷でよく耳にする、カードローンとは一体何なのでしょうか?

 

カードローンとは、銀行や協同組織で運営される金融機関が発行するカードを使い、個人向けに貸し出される、比較的少額なローンの事です。

 

クレジットカード会社が発行するもので、クレジットカードの作成時に付帯しているカードローンもあります。

 

貸し出される枠が審査によって決まっているので、その枠内でなら何度でも借りる事が出来ます。ATMやCDを使って借入れ出来ますので、大変便利です。

 

個人向けの担保を必要としないカードローンは事業資金には運用できません。

 

その為、個人事業主向けのカードローンが存在します。

 

基本的に保証人は不要で、銀行が決めた保証会社によって審査されますので、今までの貸し借りの履歴や収入などで判断します。

 

他の貸金業者とは違い、金利が安いので借り易い反面、審査はその分厳しくなっています。

 

最近では、カードローンは銀行系カードローンや信販系カードローンや消費者金融系カードローンに大きく分けられます。

 

その理由は、銀行と各ローン会社が手を組み、消費者向けの貸金業を営んでいるからです。

 

jcbcard借りすぎ注意

 

消費者金融であれば、は多少の遅延なら見逃してくれることもありますが、カードローンの場合は、たった1日の遅延で、新規の貸出しを停止にしされてしまい、債権回収するのが一般的であるため、返済日までには確実に返済できるように、金銭面で十分な余裕をもって計画を立てましょう。

 

審査さえ通れば、限度額までは自分がほしいと思ったときに融資を受けられる便利なカードローンですが、借りすぎだけには注意しましょう。

 

毎月のお給料の前にどうしても必要なもののために利用するのが本来の方法です。

 

限度額はあくまで限度額、本当に自分が必要な分だけを利用しましょう。もしもたくさん借りすぎてしまい、
毎月の返済がきつくなってしまうと、つい今月は利息分だけでいいやと思ってしまうはずです。

 

確かに規約的にはそれでも問題ないのですが、実際には返済額は一向に減らないので、返済期間が伸び続けていくばかりになってしまいます。

 

もしほかに本当に必要なものが出てきたとき、限度額いっぱいまで利用してしまっていると、それ以上の融資を受けることが出来ません。

 

最悪、利息分を返すためにほかの会社から融資を受けることにもなりかねません。

 

本当に必要な分だけの利用を心掛け、ちゃんと計画性を持った借り方をするようにしましょう。

カードローン申込方法

カードローンの申し込み方法は、あらゆる種類があります。

 

自宅のパソコンやスマートフォンから申し込む方法、電話やFAXで申し込む方法、店頭で申し込む方法、ATMやCDなどの無人機によるものなど多岐に渡ります。

 

申し込み出来るのは、満20歳以上からで、安定した収入がある方。

 

必要な書類は、本人確認になるもの(運転免許証や住民票、パスポート等)のコピー、限度額が100万円以上必要な場合は本人の年収が確認できる書類のコピーです。カードローンの場合は銀行の口座が必要になる場合が殆どです。

 

本人に収入が無い場合(主婦等)でも、配偶者にきちんとした収入があればカードローンを利用可能ですが、上限は30万までです。

 

最近人気なのはネットからの申し込みです。現代のネットの普及により審査も早く出来るようになりました。

 

大まかな流れとしては、ネットから申し込みページを開き、必要事項を記入し送信すると審査が開始されます。

 

審査が終了したら、契約内容の確認をして各種必要書類を提出します。書類に問題が無ければローンカードが発行されます。

スポンサードリンク

更新履歴